ブログトップバナー
<< デザインフェスタvol.37情報!! | main | 3.11 >>

2013年4月〜14日 母と娘の『う・ふ・ふ展 Part2』 詳細発表♪

0
    みなさんこんばんは!

    【創作工房 游】のすずき あいです♪

    やっとDMが完成いたしましたヽ(^∀^)ノ
    游-個展Part2DM両面

    開催場:大磯ちいさな美術館のHPはこちらから♪
    詳細は游のHPにて♪

    さぁ3月です!春はすぐそばまで来ていますね(*´▽`*)
    今日は桃の節句でしたが女のお子様をお持ちの家庭はひな祭り楽しみましたか??


    そして『う・ふ・ふ展 Part2』は4月開催です(^0^)!!

    暖かな季節に神奈川の大磯町まで小さな旅をしに来てはいかがでしょう?

    新宿からは湘南新宿ラインで1本、75分ほどで到着します♪

    神奈川県大磯町のご紹介♪
    ・東海道五十三次の宿場として陸上交通の要所であった
    ・明治18年、軍医総監を歴任した松本順により、海水浴場として産声をあげる(海水浴発祥の地)
    ・東海道線の延長に伴い大磯駅ができると、伊藤博文、山縣有朋はじめ政財界人が競って別荘を構える
    ・大磯駅前には、優良避暑地第1位を示す「海内第一避暑地」の石碑がある
    ・歴代の総理大臣が8人も住んでいた街(初代・5代・7代・10代 伊藤博文 3代・9代 山縣有朋 8代・17代 大隈重信 12代・14代 西園寺公望 18代 寺内正毅 19代 原敬 24代 加藤高明 45代・48代・49代・50代・51代 吉田茂)
    ・大磯の海岸にはアオバトが海水を飲みにやってくる(日本列島と中国の一部だけに分布している鳥で海水を飲むという報告は希でごく限られた個体群に限った習性ではないと考えられている)


    游の前代表である母の故郷であり、私自身も小学3年生から22歳まで住んでいた街&実家のある街ですが、このように大磯の紹介文を作るにあたり、歴史・風情のある素敵な街だと実感しました。

    よく、色々な方とお話しているとどこ出身なの?という話が出ますよね。その時『神奈川県の大磯町です』と答えると、『いい街よね』と返してくださることが多い街。
    そんな大磯町で成長できたことを今ではとても誇り高く思います。
    両親に感謝。

    大磯から電車で30分ほどで江ノ島に行くこともできます。
    江ノ島もまた、魅力的な街です。

    よろしければこの機会にぜひ大磯町へ遊びにいらしてくださいね♪

    今後もまた大磯町の魅力や、周辺の観光スポットなどお知らせしていきたいと思います☆彡

    地元大磯町が大好き・いつでも帰りたいと思っているすずき あいでした♪

    *私が住んでいる埼玉県の川越市も大磯町に似ているところが有り、落ち着く良い街です。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Blog Home
    HOME
    profile
    游's HomePage
    こちらから移動する♪
    游's Online Shop
    こちらから移動する♪
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode